売る事情を上手く突く!それが値引き交渉のコツ

築4年から5年以内に売り出される家の場合は、主に2つの理由があります。1つ、経済的な理由によりローンが払えなくなった。1つ、欠陥住宅だったです。

欠陥住宅の時にはもちろん購入候補には入れません。安く買って後で修復しようなどと考えのるはリスクがあり過ぎです。

売主もどうにもならないから手放した物件なのです。そんな簡単に直せるような事はないと考えるのが妥当です。絶対的に無視した方がいい物件です。ですが、経済的事情の場合には結構お買い得になります。

売主はお金に困っている状態です。ですから売り主の立場としてはできるだけ早く売りたいわけです。即座にお金を手にしたいと思っているのですから、少しぐらい値切られても売ってしまいたい、と思うのが人間です。

売り出し価格というのはあくまで売主が希望する価格です。売主もこの金額で売りたいと言っているのですから、買主もこれぐらいの金額なら購入したい、と伝えればいいのです。

ですが、売主はお金に困っているから、家を売り出しているわけですから、あまりにも値引きをするような事はせずに、ほどほどな値引き交渉をしてあげましょう。

決済期間近はお得なタイミング

土地や建売住宅を売っている販売会社にしても、もしくは家を建てている建築業者でも、その目的は利益を得る事です。これは商売の基本です。特に営業マンは毎月のノルマを課せられています。

ですから、決算期にノルマを達成できていない時には、だいぶ値引きをしてでも、軒数を達成しようと必死になります。

もちろん営業マン一人だけの権限でできる事ではありませんが、会社側としても利益確保しないといけない事情があるのですから、決算期にはかなりの値引きにも許可を出します。

決算期は普通は3月になります。ですが、気を付けておきたいのは決算期としてそぐわない時期に、「決算ですから」と話を持ち掛けてくる営業マンです。

決算だから安くなるという事を知っている客もいるので、「うちの会社は4半期ごとに決算するんですよ」などど言葉巧みに言ってくる事もあります。

でも、本当はその値引きは決算期のものではなくて、いつもやっている値引きかもしれません。2月や3月以外にその言葉を聞いた時には気を付けておいた方がいいでしょう。

実際には高い物件を安く手に入れてこそ、本当の値引き交渉と言えます。時期はずれの勧誘には乗らないようにしましょう。

強引に言うだけでは損する理由

小売業などではバーゲン時には、通常商品の値段を下げる事はもちろんの事、バーゲン用のもともと安い商品も売っています。それと同じように土地や建売の場合にも、安くしても売っていい商品があります。

例えば家に関して言えば次のようなものです。普通なら12cm角の柱を使用しているものを、10.5cm角の柱を使う事で、値引きができるのです。

もしくは、普通は厚みが75mmの断熱材を入れていると仮定します。でも、50mmの断熱材を使っていればこれも値引きできるのです。

しかし、実際には柱のサイズや断熱材の厚みまでチェックする客は稀な人達です。内容や構造にまで目が向かずに見た目が良ければ、購入する人が多いのです。

ただ、強引に「まけろ!」と言うだけでは、「構造を落として安い家を売ってやれ」と思われるだけです。

通常であれば高いものを安くしてでも売りたい、という事情がある相手に対して、それを誘い出すのが賢い値引き交渉と言えます。

築年後間もないのに売りに出される物件には何かしらの事情があります。その事情によってはお買い得な物件になります。また決算期には安くなるケースがあるので、そのタイミングも狙い時です。

本当は高い物件を安く買えたら値引き交渉は成功です。できそうなら挑戦してみてもいいでしょう。

予算がそんなにない中で中古マンションを購入する時には、いずれは資金ができたり、家族が増えたら一軒家を購入するなり引っ越すなりする事を考えておくべきです。ですから人に売りやすいマンションをはじめから購入する事が重要になります。
そのようなマンションは価格的にも高過ぎずに、価格の割には見かけも綺麗と言う物件です。かつてはマンションの機能性の面で駅から近いとか、都心であるとかそのような事が購入の条件でした。
でも今ではマンションで永住を考える人も増えています。そうなると、例えば駅からバス便であっても、駐車場が十分確保できているなどのそれなりの利点があって、学校や病院、スーパーなどの生活関連施設が整っていれば、特に問題もない事になります。
そしてバス便というのは普通はそんなに高い運賃でなく、それなりに価格も安くなっている事が多いです。このような環境のマンションなら生活関連施設も備わっていて住みやすいマンションであると言えます。
ですから、自分が住みやすいマンションというのは、他の人にもやはり住みやすいのです。つまりは、買い手がつきやすくて、売る時に苦労する事がない物件という事ができます。
中古マンション購入のポイントの一つには売れるものを買うという事を考えておきましょう。

管理体制は要チェック

マンションは管理を買え、と言われるほど管理体制は重要になります。理由は1戸建ての場合と違い、簡単に建て替えるという事はできませんし、現在あるスペースを買う事になるからです。
ですがもしそのマンションが下水が流れないとか、玄関が汚い、郵便受けが壊れているのに直していない、外壁に亀裂が入っているのに塗装をし直していないなど、このようなマンションは管理に問題あります。
とても安心して住めるような所ではありません。中古マンションを購入する時には、重要事項説明というのが、不動産業者によって行われます。その時に確認しておきたい事は、いろいろですが、管理も特に重要です。
管理の種類としては、常駐、通い、巡回、自主というように大きく大別ができます。一番ベターなのはやはり常駐です。都心のマンションならば24時間体制でホテル並みの所も多いです。
これが通いになると、例えば5時以降は無人になったりします。さらに巡回の場合には週に何度が来る程度の事です。これでは管理人がいる、とは言えません。管理会社が機能的な面で、サービスしているだけです。

事件ものの物件もある

中古のマンションともなれば、売りに出されるまでにどのような状態であったのかよく分からない事も多いのです。例えば「この物件は買い替えの方のものです」というのであれば、あまり心配はないですし、契約時に売主に会う事ができるので、「ああ、こんな人がマンションに住んでいたのか」と分かります。
でも、業者の買い取り物件であるとか、契約時に売主は来ないで業者が代行するような時には、この物件がどんな経過で売りに出されたのか、確認する必要があります。例えば自殺があったり、殺人があったりという事もありえるのです。
当然、このような事は業者としては重要説明事項の中ではっきりと記載して説明する義務があるのですが、それが守られていない事もあります。例えばあるマンションで暴力団の発砲事件があっても、業者は素知らぬ顔で売っているというひどい話もあります。
この物件の事を何も知らずに購入しては後で困ります。ですから「これは出物ですよ」などと言ってきた物件には、なぜ出物なのか、どのような理由で安いのか、はっきりと確認しないといけません。
野菜を買うのとはわけが違います。一生のうちでそうそう何度も購入するものでないので、慎重になりましょう。中古マンション購入とは安い買い物でないですから、良いマンションをじっくりと見極めましょう。

人生において引越しは避けて通れないものです。実家にいる間でも親の転勤などに伴う引越し、学校などでの一人暮らし、結婚による自分の家を構えたり、新居購入など。

それに転勤の多い会社に勤めていたらその数は人生で非常に多いものとなります。まず引越し屋を使うケースですが、前提として相場が非常に幅広いという事を認識しておくべきです。

又、季節、曜日、日時によっても金額に違いが出てきます。要は世の中の引越しが多い時には金額が上がり仕事の少ない時には金額が下がるという需要と供給の世界があるという事です。

大安などは人気が高く価格も高い傾向にあり、逆に仏滅は避ける人が多いので狙い目とも言えます、よって見積もりをとる時にも自分がやりたい時ではなく日時をずらして何パターンか見積もりをとる事が必要です。

もちろん会社によっても安定して仕事のある所より小さい会社の方が差が出るはずです。次にやるべき時期が定まったら各社競争を促す事です。特に赤帽は安いので競争相手にするにはかかせません。

そしてそこそこ金額が見えてきたら更に安く納める為の工夫が必要となります。まずとにかく荷物の量を減らす事です。

荷物を詰める前に本当にいるのか自問自答し、要らないと感じたものは思い切って捨てる事です。捨てる物はゴミ屋に出す以外にリサイクルショップに持っていったり、ネットオークションに出すなどすると思わぬ臨時収入になり引越し費用の足しになります。

又、多少の物は自分で運んでしまう事で費用を抑える事も出来ます。次にお金が掛かるのか人件費です。引越し担当者が多ければ多いほど費用がかかります。

中には運搬用のトラックと運転手のみを貸し出してくれるプランがある会社もあります。運転手さんが手伝ってくれるかどうかがポイントですが、荷物が少なく身内で積み込み可能なレベルならば、かなり費用を抑える事が出来ます。

友人知人で人を揃える事も可能ですが、お礼をしたり食事を出したり意外と気とお金を使う事が多くそもそも業者に頼んだ方が安く済んだというケースが多いのでよくよく注意が必要です。

また、当日追加料金が発生するケースとして多いのがエアコンの取り外しと取り付け、ペットがいる場合の運搬などで事前によく確認しておく必要があります。

あと業者の都合に合わせてあげるから金額を負けてもらうという方法もあります。業者は空白時間は一銭にもならないので出来る限り時間を仕事で埋めたいのが本音です。

特に午前に一本入ったあとの午後だけというのは交渉の余地があるはずです。費用を安く済ませようとするとついつい全てを自分でと考えがちですが、プロはプロに任せた方が結果的に安く済むケースがほとんどです。その中でいかに安く済ませられるかは知恵と工夫です。楽しんで引越しをしましょう。

マンションや家に移り住むにも、引っ越しの手配や、ご自分での荷物まとめなどが必要となります。

段取りよく、旧居から新居への引っ越しの手続きもしたいものです。

住民票を移し替えたリ、ガス屋さんに止めて頂く事、水道局にも伝えなければならない事などもあります。

下水道を使用している時は水道局との繋がりがあるために手配はいらないのです。
しかし浄化槽を使用している際は、浄化槽内にご自分の使った汚物の処理をしないといけない為に、くみ取りに着ていただく事もしないといけません。

ご自分たちだけで出来る引っ越しが、一番費用の面でも楽ではあります。
でもエアコンの取り外しなどは、専門家にお願いすることが危険にならないでしょう。

旧居のお掃除と、移り住むマンションや家とのお掃除などにも、気を配りたいものです。
使い捨ての布や床ウェットなども持っていることで、引っ越す人には便利なグッズとなります。

移り住む家への害虫駆除などは、荷物を運ぶ前にしておくことが良いのです。

移り住むには、それぞれのご事情があり引っ越しとなります。
現在住んで居るところよりも快適な暮らしができる、マンションや家に移り住む事で気分も変わる事となります。

マンションや家に移り住むにも、どこにどの家財を置くかなど、前もって考えておくことが良いのです。

家を変わるにも、およそ一家月位前からの準備期間があることは、あわてなく移り住みことができるものです。
何かと忙しくなる引っ越しの準備は、出来ることから地道に行いたいものです。

家財を運ぶには、引っ越し業者にして頂くか、ご自分たちでの引っ越しをするかということも考えなければなりません。
引っ越し業者に依頼するためにも、数社からの見積もりをして頂くことが良いのです。
良心的な引っ越し業者を選びたいものですが、引っ越しで出る粗大ごみなども処分してくれる会社などお薦めできます。

ご自分たちで行う引っ越しは、レンタカーの手配が必要となります。

処分したい粗大ごみもでると思いますが、借りたレンタカーを使いご自分で市区町村の粗大ごみセンターへもっていくこともできます。
出来るものでしたら、粗大ごみは早めに回収の依頼を市区役所に頼んでおくことも大事です。

子供さんが公立の小中学校へ通学している場合などは、市区役所への転入届というものがいるのです。
引っ越しするにも、何かと忙しくなりますが引っ越しが決まり次第転校の手続きをとる必要があります。

一番にする事としては、転出届を市区役所に提出します。それは転出証明書を発行して頂くためです。
次に教育委員会からの異動届を取り寄せることもする必要があります。

この2つの書類を学校へ提出するのです。
書類を提出することで、学校側から教科書無償給与証明書と在学証明書とが発行されるのです。

そして転居先の市区役所に転入届を提出して、教育委員会には教科書無償給与証明書と在学証明書とを提出すればよいのです。

この手続きは二週間以内におこなえばよいのですが、この様な手続きがある時には早めに必要となり気をつけたいものです。

荷物の大移動となる引っ越しは、重要書類は最後に手に持つことで安心感もあり安全となります。
荷造りのものに、シールなどを張り付けて品物の名前を書く事で、引っ越しで迷ってしまう事など防ぐことができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です