購入を考えるとマンション?家?それぞれの長所と短所について

ある程度の年齢になったり、貯金がたまったりすると、住まいの購入を考える人も多いと思います。そんな時にまず考えるのが、一戸建てにするか、マンションにするかではないでしょうか?

それぞれにいい所、悪い所があるのでどちらを取るかなのですが、生活する上で目に見える長所と短所をご紹介したいと思います。

まず家についてですが、言うまでもなく土地付きなので土地の価値があります。建物の価値は年を経るにつれて減っていきますが、土地そのものの価値が残ります。

また、家のメンテナンス(水回りや外装の手入れ)も、住宅メーカーで10年毎、等決められている場合もありますが自分の意志でお財布事情に合わせて時期をずらしていくこともできます。

ガーデニングなど家の周りも好きに装飾できます。しかしこれは夫婦共稼ぎで忙しくて手を掛けたくない場合には短所にも変わります。

一方でマンションです。マンションは空間を買うイメージなので、勿論資産価値はあり、駅地下だったりすれば価値も変わらない事もありますが、土地はないので、もしも古くなって売りたくなった時にそのままだと二束三文でしか売れないというリスクは伴います。

また集合住宅なので、月々否応なしに”修繕積立金”という形で修繕の為の費用、またマンションを維持していくための管理費をローンの他に納める義務があります。

これは住んでいく上でローンを返し終わっても毎月必ず発生する費用で、自分でコントロールできる費用ではなく、修繕積立金は通常年が経つにつれてマンションのメンテナンスにもお金が掛かるようになるので上がっていきます。

しかし、ガーデニングなどはベランダでできますし、そんな時間はないという場合でも管理人さんなどにより共用部分はきれいに保たれるので、自分の家の中以外の共用部分については手を掛ける必要はありません。

また、新築マンションなら大抵最新の設備の為、例えば床暖房やミストサウナなど注文建築では費用が気になって付けられなくても、マンションには備わっていたりします。中古でもリフォームで内装は新築同様になっていることも少なくありません。

このようにそれぞれに便利な部分と不便な部分があるので、あとは個人の趣向がどちらかという事です。一戸建てなら町内会、マンションなら管理組合といった組織に入るのはどちらも同じなのでご近所との関わりも思っている程差はないでしょう。

それぞれの家族の形態によってより暮らしやすい環境を選ぶのがいいでしょう。

就職して借りたマンショを家賃だけで決めて失敗しました

去年就職が決まり県外でひとり暮らしをすることになったためマンションを借りました。特に内観もせずに家賃の安さだけで決めて今現在後悔している体験談をします。

まず、マンションを借りるときに外せない条件がありました。それは、風呂トイレ別の物件です。

それさえあれば、最寄駅からの距離や、周辺状況などは特に考えていませんでした。
しかし、風呂トイレが別の物件と一緒になっている物件では家賃にそこそこの差がありました。

そんな中今の物件を見つけました。どうやら前借主がリフォームしたらしくその部屋だけ風呂トイレ別になっていました。僕は迷うことなくその部屋を借りました。

その物件は駅からの徒歩10分ほどの距離にあり、コンビニやスーパーも徒歩圏内にありました。
駐車場も一台3000円程度と住んでみるとかなり条件のいい部屋だなと思いました。

しかし、一か月も住んでいるうちに物件の欠陥部分が目立つようになりました。

まず、僕が驚いたのはシンクの水はけの悪さです。ある日、蛇口を完全に閉めきっていなかったようで水道から水が出っぱなしになっていたようです。

そのまま寝てしまい、次の日朝キッチンに行くと床が水浸しです。水道からはちょろちょろ水が出ていただけでしたがシンクから水が抜けずにあふれていました。

現在も洗い物をするときはシンクから水が出ないように洗い物をして水が抜けるのを待ち、また水が抜けると洗い物をするという風にしています。

次に壁の薄さです。最初のうちはまぁこんなものかと思いましたが、隣の人のテレビの音や電話での会話も聞こえてきます。

ひどいのが上の住人の足音が聞こえます。隣人の音が聞こえるということは自分の音も隣人に聞こえると思ってしまいます。なので、テレビの音も最小限、電話がかかってきたときは車に移動して会話しています。

そして最後に一番気にしているのが気密性がないことです。夏場はまだ我慢できましたが、冬になると耐えられません。

暖房をつけて寝ないと朝には凍えるような寒さになります。最初のひと月、夜から朝まで暖房をつっけっぱなしにして寝ていたら、わざわざ家賃の安い家に住んだ意味がなくなるほど電気代がかかりました。

それでは意味がないとおもい暖房をつけっぱなしにするのはやめましたが寝るときはダウンジャケットを着て寝ています。

今の家に住んで二年になりますが、さすがに来年はもう少しまともな家に引っ越しをしようと考えています。

住宅を購入する時には自分の理想に完全にマッチする家を希望するもの。でも、実際にはそんな希望通り完全に合う家を探すのは難しいです。

まず、自分の予算の問題もあります。値段が下がってきているとはいえ、相変わらず住宅は高級な買い物には変わりないのです。

すべてが思い通りの家を購入できるのは、大金持ちです。したがって、まず第一に考えないといけないのは、自分や家族が住宅に何を求めているか、です。

これだけは外す事ができないという最優先する機能です。ことに一戸建ての住宅の場合は、土地の広さから周囲の条件も一戸ごとに違います。

ですから何を一番に優先するかを決めると、狙いどころが大きく違ってきます。例えばゆとりのスペースが一番大事なら、都心やその近郊はやめておいた方がいい事になります。基本的には都心に近くになるにつれて高くて狭くなるのが一般的です。

ですからそのような時には郊外に狙いを絞る事になります。このように何を一番優先するかをはっきりさせる事により、目のつけどころが違ってくると言えます。まずは大きなくくりでかまいませんから、優先順位を決める作業からスタートします。

家族のニーズを詳細に分析する

住宅に求める機能というと、建物の性能の他に設備機器などに目がいく人が多いですが、その前に基本的に機能に注目しましょう。日照や通風を不必要とする住宅は普通はありません。

ですから、これは必要不可欠な要素と言えます。それ以外の要素には、団らんやプライバシー、生活便利、なども大事です。

これらがすべてが満点になるのが理想的な家になりますが、現実的にはそんなに簡単にはいきません。ですから順位を付ける必要があると言えるのです。

そこでライフスタイルから優先順位を探ってみてはどうでしょう。例えば夫婦共働きの2人しかいない家族なら、生活便利面が良くて互いのプライバシーが保てるのならそれでいい、という発想もできます。

また子供が成長過程にいるような家族なら、家屋が団らんできるスペースを確保する事を最重視する要素にもなるでしょう。

あるいは両親同居の家族の場合には、家族間のプライバシーが一番優先課題になるかもしれません。

このように、ライフスタイルや家族構成で、求める基本機能も違ってきます。ここで選択をミスすると住みごごちが良くない、リラックスできない家になってしまいます。

ですから、日照、通風、プライバシー、団らん、生活利便などの基本的要素の中で、どれを優先するのか決めて、順位をつけてみると良いでしょう。求める家のイメージが掴めます。

希望を活かす変化わざ

上下階逆転型という間取りを知っていますか?1階に居間やキッチンが設置されていて、2階が寝室というのが普通ですが、狭くて日照時間などが良くない土地では、これを逆手に取り2階に団らんスペース、1回に寝室を設けるというスタイルの家もあります。

このうような工夫をする事により、団らんスペースには十分に日照を確保できて、そして日当たりの良くない1階に寝室を設置する事で、むしろ無駄な日照を遮り居心地を良くするという工夫です。

また、必ず居間を通過しない事には、プライベートスペースには行く事ができない、という間取りもあります。動線的には混雑しそうですが、必ず家族が顔を合わす事ができるという意味では、今の時代には必要な事かもしれません。

これから初めて住宅購入を考えている人は、何を基準に数ある家の中から、希望の家を絞っていったらよいか、分かりませんよね。

そんな時には家族と話し合い、日照か団らんか、プライバシーか求めるものの優先順位をつけていけば、購入する家のイメージが絞られてきます。

また、家族の希望を活かすために、間取りを工夫するのも良いですね。家を購入するにあたり何を基準に決めればいいのか、分からず悩んでいる人はぜひ、参考にしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です